青く錆びた金属と

「いつから古いものが好きなの」と、聞かれることがよくあるので考えてみれば、小学生のころからだったように思います。

 

まんが日本昔ばなしが好きで、自由研究に茅葺き屋根の家のミニチュアを見よう見まねで作ったこともありました。

 

登下校の途中で、よくわからないものを拾ってきては部屋に飾っていたのも小学生の頃からです。

 

そのきっかけは、家からすぐのところにあった”出張遺跡”だったと思っています。

 

 

出張遺跡は、15000年前の旧石器時代の遺跡で、三重県下では一番古い遺跡だとされています。

 

遺跡と言っても今は何もない原っぱに、ポツンと史跡看板が立っているだけの広場です。

 

無言で「ここ遺跡」とアゴで指しているような看板です。

 

(ここに行くたびに、映画『パリテキサス』の中に出てくるテキサス州のパリ、という名の不毛な土地みたいだなと思います。何もない原っぱに、”for sale”と書かれた看板だけが立っている土地。その場所を騙されて買ったことが、主人公トラビスの家庭の崩壊につながってしまいます。赤いキャップの奥に鈍く光る、深くて湿ったトラビスの眼差しと共に、映画の中で繰り返しインサートされるその土地のイメージを史蹟看板に重ね合わせてしまうのです)

 

広場には何もなかったのですが、地元の公民館には、遺跡から出土した石器、石斧や矢じりなどが展示されていました。

 

小学生の頃は、上級生が登下校中に矢じりや石器を発見したり、遺跡を身近に感じることができました。

 

15000年の時空を超えて、当時の人々の暮らしや生活の一部がまだそこいらに残っている、という雄大なロマンに静かに胸が踊りました。

 

ですが、小学生の僕はというと、上級生が発見したような石器や矢じりのようなものを、とうとう最後まで見つけることが出来なかったのでした。

 

つづく

 

 

 

 

[テキサス州パリ

 

 

@24iro @nijiiro7