明かりを灯す人

すっかり日が短くなって秋がぐっと深まったこの頃、いかがお過ごしでしょうか。相方です。
電気というのは便利なもので早朝や、夜の作業も可能にしてくれます。



七月まで電気が通ってなかった、この僕たちのオンボロ小屋に近くの電気屋さんが電気を通してくれました。
仕事はすごく丁寧なのにのんきな電気屋さんで、工事から3ヶ月がたちますが待てど暮らせど請求書が届きません。
そこらへんで会うたびに催促するのですがニコニコして『あ、また持ってくよ』でいつも終わってしまいます。
いい感じに力の抜けた人で、ついセカセカしてしまう自分を省みてしまします。

こんな映画がありました。
『明かりを灯す人』
秋の夜長にほっこりできそうな映画です。