隠すことで

隠すことで、元の形や存在そのものを再確認できる。

それをこんな大きなスケールで具現化してしまうなんて。

 

先日亡くなってしまったクリストとクロード夫妻のクリストさんの方。

初めて彼らの存在を知ったのは20歳の頃でした。

丸ごと覆うというシンプルな行為で勝負している彼らの存在やアクションがかっこいいと感じたものです。

国会議事堂を梱包したようなスケールの実作品を体感したかったなあ

 

失くしてはじめて、その存在の大きさに気づくなんてことも多々あるわけで。

コロナで会えなくなったりできなくなったりして気づいたこともたくさんありましたね。

 

昨日奈良で見た畑、覆うことで本来の山の起伏がわかりやすくなっていました。

 

写真:クリストとクロードの作品 海岸を覆うピンクのカーテン

 

 

写真:奈良県 天理市 岩屋町 2020年6月12日撮影

小さい作品もすてきやにー。

 

 

 

@24iro @nijiiro7