よく噛んで生きる

「よく噛んで食べたほうがいいよ」と妻に言われ、よく噛んで食べるようにしています。

これまで何度言われても気にしていませんでしたが、それがなぜか今更、急に、突然、妻の言う事を素直に受け入れてゆっくり食べようと思えました。

はじめは一口30回以上数えて噛みました。

 

食べ物をよく噛むと、いろんな事に気がつきました。

食べているもの味がまずよくわかります。

今、食べているということに集中できます。

まだ自分の中にある早く食べようと言う気持ちにも気づきました。

当たり前のことができただけなのに、目が覚めたような気がしました。

 

禅みたいやん。

何でもっと早く教えてくれへんだん?

 

食べる時間、じっくり噛んでたべている他の時間も同じようにじっくり考え始めた自分にも気がつきました。

 

よく噛んでたべるようになってから2週間ほど、今はどう言うわけか物を片付けたい物を捨てたいという別の思考がじわじわ湧いてきてものを捨てることにはまっている44歳の秋。

朝起きると今日は何を捨てようかと考えています。

 

 

写真:2019沖縄の胃袋さんで。 (このときは流石にゆっくりじっくり食べました。)

@24iro @nijiiro7