何も生み出さないまま

いつも何か作ってるのね、と工房の前を散歩していくおばあさんが声をかけてくださいます。

工房にこもって何かを作りあげてばかりの毎日ではないのだけど、そんなふうに思ってくれていて嬉しかったです。

いつも何か作ってるんですけど、片付けや段取りばかりの日もあれば、2歩進んで3歩下がる日もあります。

 

この日の作業はこんな感じ。

 

朝、前の日に塗ったペンキの乾き具合を見て手直し。

発送する古物の梱包。

仕入れた古い銅板を伸ばして、使えるところと使えないところを仕分け。

使える銅板を水で洗って、写真撮影。

武田製材さんで見つけたエノキと桑の薄い板を掃除してから、工房に入るサイズにカット。

サイズを間違えて注文した真鍮プレートに合わせて、継ぎ足す真鍮板を加工。

朝ペンキを塗った看板を裏返してさらにペンキ塗り。

古い食堂テーブルの鉄脚を溶接で補修してから塗装×6脚。

梱包した古物を発送。

テーブル足を店舗の横にあるストックヤードに運んで、先月仕入れた乳母車を持ち帰る。

乳母車を溶接で補修。

乳母車に乗ってみる。

 

何も生み出さないまま、終わった1日でしたが気になっていた仕事が片付いてすっきり。

そんな日もあります。